遺留分の起源

遺留分とは、

「被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に認められた、相続財産の一定割合を取得する権利」

であることは、

ご存じの方も多いと思いますが、

遺留分の起源について、

調べたことがある方は少ないのではないでしょうか。

遺留分は、

フランス慣習法とローマ法に、

それぞれ起源があると考えられています。

相続財産を、

家長ではなく「家に帰属するもの」であるとして、

家長による自由な処分に一定の制限を持たせるものとしたのがフランス慣習法を起源とする遺留分です。

遺留分を相続財産そのものしたことから、

現物返還という考え方に結び付いたと言われています。

一方で、

遺留分を「相続人から奪うことのできない相続分」とし、

債権的性質を有するとしたのがローマ法を起源とする起源の遺留分です。

日本の民法においては、

戦前に家制度を採用していた名残りから、

つい最近まで遺留分というと、

前者(フランス)の性質を有していると考えられてきましたが、

昨今の改正により、後者(ローマ)の性質に近くなったと言えます。

性質は変われど、

そもそもは、家の財産を守るために採用された遺留分の制度が、

今や、これを脅かす存在となっている。

なんか複雑ですね。。。

参考:餅川正雄「日本の相続法における遺留分制度に関する研究」

文責:高橋大祐(当法人理事)

関連記事

お一人様って?お一人様の対策って?
《お一人様って?お一人様の対策って?》 雑誌やメディアでもお一人様についての記事がちらほら。 相続本もお一人様についての本が増えてきています。 お一人様の定義って何だろうと思い調べて私なり思ったのは お一人様=独身者ということではなく 夫婦だったとしても子がいなければどちらかが亡くなるとお一人様になります。 子がいても迷……
いま、ここに生きている意味を考える
《今、ここに生きている意味を考える》私たちが今ここに命があるのはご先祖様からの命がつながっているからです。 10代さかのぼると1024人のご先祖様がいますが、 その誰一人がかけたとしても私たちはこの世にいません。 お子さんがいらっしゃれば、 いつか自分自身がご先祖様になるわけですが皆さんはご自身を大切にしていますか? 自分を大……
おひとりさまの相続対策 まとめ
おひとりさまの相続対策 近年増えている【おひとりさま】 ただ、【おひとりさま】はしっかりと相続対策をしておかなければ ご本人だけではなく見ず知らずの遠縁まで巻き込む事態になりかねません。 何が問題でどうすればいいのかを簡単にまとめてお伝えしたいと思います。では、まず【おひとりさま】の定義はなんでしょうか。 生涯独身で親もきょう……