大切なペットのこと考えてみませんか?

大切なペットのこと考えてみませんか?

皆さんはペットを飼っていますか?


何らかのペットを飼っている割合は39.8%

※(ビデオリサーチの『生活者総合調査』の2017年4-6月調査)


また、ペットフード業界の統計によると

50代では

犬20.0%

猫11.8%

60代では

犬16.4%

猫10.9%

の割合で犬か猫を飼っているそうです。


平均寿命は犬13年~17年、

猫10年~13年となっています。

60代でペットを飼うということは介護状態となり、

自分で世話ができなくなるかもしれませんし自分より長生きするかもしれません。


そうなった時、どうするかを考えているでしょうか?

生前対策で自分自身が介護状態や判断能力が亡くなると困るという場合に


委任契約・任意後見契約・財産管理契約・家族信託などを対策として取り入れることがあります。


また、公正証書遺言+死後事務委任契約で自分自身が亡き後、

相続人が誰もいない、

もしくはいても遠方で手続きができないなどの事情がある場合でも対策ができます。

例えば、

ご夫婦で犬を飼っていてご主人が先立たれおひとり様になったとします。


お元気なうちは散歩もできるし、

もしかしたらペットシッターに代わりに散歩してもらうことも可能ですが亡くなった後はその子はどうしますか?

誰かお子さんが引き取ってくれるのでしょうか?


引き取ってくれるお子さんがいればいいのですが、お子さんも引き取れない。


もしくはそもそも相続人が誰もいない子なし夫婦の場合は?


対策として、

ペットは遺産を相続できないためペット信託®を利用して信頼できる個人か法人に

自分で世話ができなくなったり亡くなった後のペットの世話をお願いすることができます。


また、死後事務委任契約を利用することで依頼している個人や法人に亡くなった後、

どうして欲しいかを契約に基づき確実に履行してもらうことも可能です。


当社団も死後事務委任契約を受任しています。


ペットのことをどうしたらいいかお悩みの方は死後事務委任契約をご検討ください。

文責:一橋香織(当法人代表理事)