名字の由来を知る

家系図のススメ

今、私がとても注目しているツールがあります。

それは『家系図』です。

私ども専門家からみると「この家庭は早めに、遺言を作成した方がよいな」とか

「こちらの家庭はワケがあるから家族信託を勧めたい」など、

相続問題が判っていても、なかなか応じてくれないお客様も中にはいるかと思います。

また「エンディングノート」作成セミナーにお誘いしても、

「面倒くさい」「我が家にはまだまだ先の問題」と言われる方もいます。

お客様からしたら、

相続対策とは

「遠い未来の話」

「親が、自分が死んだら考えれば良い話」などと他人事です。

皆さんも、こんなもどかしい経験をしたことがあるかと思います。

多くの人が感じる不思議な力

生きていると、何か見えない不思議な力に引っ張られることってありませんか?

霊感があるとかないとかではなく、もっと「ふっと」感じるものです。

それはお客様も同じ。

そんな時、様々なきっかけで、自分のルーツに興味を持つ方が多いと言われています。

特に男性は、家系図や祖先に対しての尊敬の念や、自分が守らなくてはならないという使命感を感じているようです。

しかしその様な方は、「相続対策」や「エンディングノート」というものでは、魂には響かないようですが『家系図』となると別物だとか。

家系図をみただけで、魂が喜び、今まで閉ざしていた、いえ、もしかしたら気づかなかった心の扉が開くそうです。

そこから「先祖代々の資産を守ること」や「子孫に想いや資産を継承していく」という肝要な使命に目覚めるという、そんな流れもあります。

ビジュアルからの“相続準備”

私がこれから関係を深めようとしている会社があります。

「家樹」という家系図製作を専門にしている会社です。

こちらの社名の由来は「ファミリーツリー」、英語で家系図という意味だそうです。

祖父母から父へ、そして父から子へ。

木の枝のように、家族が枝分かれして伸びていくのでそう呼ぶそうですが、とてもロマンティクですよね。

我々専門家は、余りにも複雑な案件をみたり、聞いたり、勉強したりしているので、「相続」を数字から入ったり、問題から相続対策をしがちです。

しかし、お客様の中には、素直で清らかな気持ちから「相続準備」に入りたい方もいるかもしれません。

様々なシーンからきっかけ作りができる『家系図』の魅力

人生には節目があります。そんな時に『家系図』を贈ることで、大きな感謝を得られることがあるそうです。

両親の誕生日に、内緒でプレゼント。また嫁ぐ娘に、自分の産まれてきたルーツを知ってもらう為に贈る。

きっと忘れられない思い出になるでしょう。

お客様の中に、珍しい苗字の方はいませんか? 

その様な方は、一度や二度は自分の名前の由来について、考えたことがあるそうです。

その由来がわかり、ご先祖様のことを知ることで、自分の人生を深く考えることもできますね。

また、あるご家庭では、亡くなったご主人の遺品の中から見つかったメモから「家系図を作りたかったのだ」という事を知り、

娘さんが手掛けたら、心の奥のつまりがスーと溶けたとか。

若い方にはなかなかわからないかもしれませんが、

歳を重ねると「生きている間に、行かなくてはいけない場所がある」

「一度はみておかないとならない景色がある」、

そんな思いに突き動かされている人もいるかと思います。

私は、終活や相続の入口に『家系図』は素晴らしいツールなのではないかと思うのです。

家系図の制作でお客様との絆を深めた後、「笑顔相続対策」をお手伝いできるのではないでしょうか。

<動画>名字の由来を知る

家系図制作の流れ

前記しましたが、『家系図』を作る動機はお客様により人それぞれとのこと。

私どもの協会では、「新しい導線」として、このサービスを加え、皆さまのお役に立てたらと思っています。

プランは「お客様のリクエストはどこまでなのか」により変わってきます。

(調べる系統や装丁など)期間もやはりボリュームにより、2ヶ月から6ヶ月。

調査にどれだけ必要かによるそうです。

また、家系を最大さかのぼれるのは幕末まで。

現在閲覧できる最古の戸籍である、明治19年の戸籍から判明できるのは「幕末まで」だとか。

歴史が好きな方は、幕末の登場人物と、自分の祖先の繋がりがわかるなんて、ワクワクしませんか。

当協会の新しいプロジェクト、楽しみにしていてください。

文責:一橋香織(当法人代表理事)