弁護士の役割に対する誤解~揉めた時に頼む存在ではない

弁護士が遺言作成に携わることは多々ありますが、

弁護士とはどういう役割の存在であるのか、

必ずしも正確な理解をされていないと感じることも多いです。

「揉めた時には弁護士」と言われることがよくあります。

これは、

半分正解ですが、半分間違いであるとも言えます。

揉めた時にどの専門家に依頼をするかという選択肢としては弁護士となる、

という意味では正解です。

しかし、これが言葉を返し、「弁護士は揉めた時に(だけ)依頼をする存在」ということであればそれは間違いとなります。

言い換えてみれば、

揉めた時に弁護士は何をしてくれるのでしょうか?

揉めた時に弁護士がしてくれる役割について、

単語ひと言で言えば何になるでしょう?

この点についての正確な理解が浸透していないというのが、

日頃弁護士業務を行っている中感じることです。

正解は、「代理」です。

要するに、「その人(依頼者)に代わって、他の誰かと話しをしてくること」、

これを仕事として依頼を受けることができるのが、

原則として弁護士だけということになっています(弁護士法72条参照)。

「代わりに話しをすること」が弁護士の役割ですので、

揉めた時にだけ依頼を受けるとは限りません。

揉めた時に代理人として話しをすることも沢山ありますが、

揉めていないケースでも、場合によっては揉めたくないからこそ、

直接話しをしにくいご本人に代わって、弁護士が話しをすることは沢山有ります。

こうしたことをきちんと知っておかないと、

「揉めていないケースだから、弁護士でない自分が代わりに交渉をしても大丈夫だろう」という誤解のもと、

弁護士法違反の行為をしてしまうことにもなりかねません。

文責:佐々木達憲(当協会理事)