自筆証書遺言の要件緩和に伴い公正証書遺言と自筆証書遺言はどちらが良いのか?

自筆証書遺言について

2019年1月13日より民法が改正され

自筆証書遺言の作成要件が緩和されました。

それまでは、財産目録含めすべて自筆で書く必要があり

読んで字のごとく自筆で書くから【自筆証書遺言】だったわけですが

この日以降の自筆証書遺言は財産目録部分はパソコンで作成、通帳のコピーも可能

あるいは代筆も可能となりました。

(但し、すべてのページには署名押印が必要)

特に財産に不動産が多い方や証券口座を多数お持ちの方は、全文自筆で正確に書くのは大変です。

財産目録をパソコンで作成、あるいは誰かに代筆してもらえるなら助かると考える方も多いでしょう。

ご自身でサクッとワープロ作成できない方は色々と考えなくてはいけませんね。

ただ、代筆可能とはいっても相続人の一人に書いてもらいますか?

もしくは、その箇所だけは専門家に依頼されますか?

前者は子や親族に財産の内容を把握されます。

問題ないという方はいいと思いますが、事前に知られるのは困るという場合には

専門家に依頼でしょうか。

専門家に依頼した場合には無報酬というわけにはいきません。

中途半端に報酬をかけるのなら不備が出にくく、

有効性が高い公正証書遺言で

はじめから作成もありかもしれません。

公正証書遺言について

公正証書遺言であれば、口述した内容を公証人が遺言にしてくれますし

高齢や病気で筆圧が低下していても署名でさえ代筆可能です。

また、病院や自宅への出張もしてもらえます。


デメリットとしては弁護士・司法書士などの専門家に依頼すると報酬がかかります。


また、証人を2名以上用意する必要もあります。

どちらを選ぶ?

どちらにもメリット・デメリットはあるため

自分にとって一番いい選択をするためにも両方の内容を

しっかりと把握して遺言を遺す方法をチョイスしましょう。


目的はどちらで書くことが大事かではなく


遺言作成はあくまで手段の一つで【家族が揉めないための】遺言を遺すことが


大事だと筆者は思います。

文責:一橋香織(当法人代表理事)

関連記事

相続・終活の専門家として、 『今』できること、『これから』しなくてはいけないこと!
相続・終活の専門家として、 『今』できること、『これから』しなくてはいけないこと! コロナショックの影響で、私達の生活は一変しました。 便利で豊かだった生活は失われ、 海外へ渡航することはほぼ不可能、 国内の実家への帰省も「自粛」の警告をされています。 当たり前の日常生活さえも失われ、 「通勤」も「友人との飲み会」……
遺留分制度の改正
遺留分制度の改正って、どうなの?! 皆さんご存じの通り、 昨年改正相続法が施行されて、制度が変わりましたね。 本当に改正なの?改悪じゃないか!?、みたいなことを言わずに(笑)、少しずつ勉強していきましょう! 今回は、遺留分制度の改正を取り上げてみます。 遺留分とは、遺言でも侵すことのできない法律によって保護されている最……
なぜ、日本人は遺言を遺そうとしないのか
日本人の死生観が遺言を敬遠させる? イギリスでは75歳以上の8割の方が紳士のたしなみとして、 遺言を遺す中、 日本では遺言は平成28年の死亡者約130万人、 公正証書遺言作成数約約10万5,000件、 自筆遺言検認数約17,000件と志望者のわずか1%しか遺されていません。 これは、どうしてなのでしょう。 皆さんは……