東日本大震災から10年

東日本大震災から10年

思えば私がよりエンディングノートの普及に力を注ぐことになったのが
10年前のこの日でした。
未曾有の大地震により多くの尊い命があっという間に失われ
愛する家族を目の前で亡くされた方も多かったこの日・・
自然災害を目の前に人間の無力さをまざまざと見せつけられたこの日。
誰が、あの瞬間、自分自身や大切な家族が亡くなることを想像できたでしょうか。


よくご相談者から


『まだ元気だから』『まだ年齢的にも若いから』というお声をいただきますが


もし、自然災害でご自身の命が潰えてしまうことがわかっていたら


それでもそういってやるべきことを先送りするでしょうか?

自分自身がいつ亡くなるか、わかっていれば先送りする方はかなり減ると思います。


ですが、残念なことにそれはほぼ不可能です。

そういう意味でもエンディングノートをもっともっと普及したいと真剣に考えたのが
10年前のこの日です。

人生を後悔なく今後の人生を自分らしく生きていくためのツールでもあるわけですが


突然、この世からいなくなるような不測の事態が起こったとしても

このノートに残された家族や大切な人へのメッセージが残されていれば


救われる思いも多くあるはずです。

そういう意味でもエンディングノートから書き始めてくださる人が増えることを


願ってやみません。 想いは永遠に残された人の心の中で生き続けていくのですから


遺すものは財産だけではなく皆さんの想いこそ遺していただきたいです。

(文責/一橋代表)