遺留分制度の改正

遺留分制度の改正って、どうなの?!

皆さんご存じの通り、

昨年改正相続法が施行されて、制度が変わりましたね。

本当に改正なの?改悪じゃないか!?、みたいなことを言わずに(笑)、少しずつ勉強していきましょう!

今回は、遺留分制度の改正を取り上げてみます。

遺留分とは、遺言でも侵すことのできない法律によって保護されている最低限度の相続分のことを言います。

従来の相続法の規定では、

遺留分減殺請求権の行使があった場合、

返還すべきものは相続財産の現物とされていました。

しかし、

現物返還がなされた場合には、その対象物の権利関係が共有になり、

目的物の権利関係が複雑化するなどの不都合が生じていました。

裁判でも本当に手を焼くような事態になることも多かったです。

そこで、

改正法では、そのような弊害があることを受けて、

原則として遺留分減殺請求権から生ずる権利を金銭債権とすることにしました。

そうすることにより、

遺留分減殺請求権の行使により共有関係が当然に生ずることを回避することができるようになり、

遺贈や贈与の目的財産を共有にせずに受遺者等に与えたいという遺言者の意思も尊重することができるようになりました。

大きな改正ですね、

これからは遺留分に関する裁判も少しは楽になるかなと期待しています(笑)。

文責:山越真人(当法人理事/弁護士)

関連記事

相続・終活の専門家として、 『今』できること、『これから』しなくてはいけないこと!
相続・終活の専門家として、 『今』できること、『これから』しなくてはいけないこと! コロナショックの影響で、私達の生活は一変しました。 便利で豊かだった生活は失われ、 海外へ渡航することはほぼ不可能、 国内の実家への帰省も「自粛」の警告をされています。 当たり前の日常生活さえも失われ、 「通勤」も「友人との飲み会」……
自筆証書遺言の要件緩和に伴い公正証書遺言と自筆証書遺言はどちらが良いのか?
自筆証書遺言について 2019年1月13日より民法が改正され 自筆証書遺言の作成要件が緩和されました。 それまでは、財産目録含めすべて自筆で書く必要があり 読んで字のごとく自筆で書くから【自筆証書遺言】だったわけですが この日以降の自筆証書遺言は財産目録部分はパソコンで作成、通帳のコピーも可能 あるいは代筆も可能となりま……
家系図から育む家族の絆
結婚のお祝い、 子供の成人式、 長寿のお祝いなどに「家系図」をプレゼントする話を聞いたことありますか?  また終活のスタートとして、 これまでの自分のルーツ探し、 家族の歴史を振り返るのも密かなブームになりつつあるそうです。 自分の起源はどこからきているのか? 様々な偶然が重なって今ここにいるが、……
なぜ、日本人は遺言を遺そうとしないのか
日本人の死生観が遺言を敬遠させる? イギリスでは75歳以上の8割の方が紳士のたしなみとして、 遺言を遺す中、 日本では遺言は平成28年の死亡者約130万人、 公正証書遺言作成数約約10万5,000件、 自筆遺言検認数約17,000件と志望者のわずか1%しか遺されていません。 これは、どうしてなのでしょう。 皆さんは……